ホーム > EV事業






EV事業

小柳商事は2019年11月、株式会社EVジャパン(大阪府豊中市)の開発・製作販売する電気自動車(EV)、ミニ水力発電設備、荒地走行に適した小型・大型特殊車両などの販売協力をすることとなりました。株式会社EVジャパンは「地域社会の活性化や環境にやさしい社会の実現」を目指し、EVバスやEVトラック及び関連機器の開発を行っており、既に構内専用小型EVバス、軽トラックやトラクターのEVコンバージョン、ミニ水力発電など多数の実績を持っています。小柳商事は同社のビジョンに賛同し、EVの普及と発展に寄与すべく本事業に参画致しました。

小型EVバスは低炭素化社会にマッチする構内専用の電気自動車です。リゾート地やテーマパーク、空港や工場など主要施設での循環走行、高齢者の多い地域における近距離での定められた区間走行などに適し、安全な移動と環境保全を提供します。動力は比較的初期に発売されたトヨタ・プリウスのモーターをリユース(資源の再利用)しています。
水源を有する山間部で期待されるのがミニ水力発電です。蓄電装置を介して供給される電気は、災害対応用はもちろん、普段の生活、農機具や輸送設備の電源として排気ガスのない、環境にやさしいエネルギーとして活用が期待されます。奈良県五條市では自動車の発電機(オルタネーター)をリユースした直径5メートルの木製水車が製作されました。
「MULE(ミュール)」は川崎重工業株式会社が米国内で製造・販売しているバギーです。EVジャパンは日本での販売権を唯一取得し、日本国内の公道を走行出来るよう仕様変更を行い、小型・大型特殊自動車の認証取得を可能としました。田畑や山間地はもとより荒地や泥濘(ぬかるみ)などの地形でも走行が可能なので、ダンプのように傾く荷台やクローラなどのオプションを装着することにより荷物の運搬や災害時の救助活動・物資搬送など広範な活用が可能です。オフロード走行性に優れたレジャービークルモデルもあります。