ホーム > 小柳商事について > 会社沿革



会社概要

昭和23年3月 現会長中川塗料工業株式会社に入社、塗料業界に入る。
昭和26年7月 同社より独立、兄小柳誠也と共に小柳商店(現在の小柳ペイント株式会社)を発足。
昭和33年1月 現在地で資本金50万円にて小柳塗料株式会社として分社独立。
10月 ロックペイント株式会社特約店となる。
昭和36年7月 セメダイン株式会社特約店となる。
昭和37年1月 横浜営業所を横浜市神奈川区に開設。
昭和38年1月 日本ペイント株式会社特約店となる。
7月 資本金800万円に増資。
昭和39年1月 新潟営業所を新潟市上大川前に開設。
昭和40年4月 資本金1,500万円に増資。
昭和42年1月 相模営業所を神奈川県大和市に開設。
昭和42年10月 創立10周年記念式典を挙行。功労者並びに永年勤続社員を表彰。
昭和44年1月 大宮営業所を大宮市桜木町に開設。
3月 東京国税局より優良法人として表敬を受ける。
昭和45年2月 資本金2,000万円に増資。
3月 ダイキン工業株式会社特約店となり、空調機械設備の販売を開始。
11月 横浜営業所、相模営業所を統合し、神奈川県大和市にて、新生横浜営業所として業務を拡充、
大型化をはかる。
昭和46年1月 小柳商事株式会社と社名変更し総合商社として多角経営を目指す。
昭和49年3月 東京国税局より優良法人として第2回目の表敬を受ける。
昭和50年12月 米国デュポン社と代理店契約を締結。
昭和52年1月 大宮営業所を越谷市に移転し埼玉営業所として業務拡大をはかる。
8月 新潟営業所を新潟市商業卸売団地に新築移転する。
9月 創立20周年を祝い記念式典を挙行。永年勤続社員、優秀社員を表彰。
昭和53年11月 東京国税局より優良法人として第3回目の表敬を受ける。
昭和54年6月 資本金3,000万円に増資。
昭和58年5月 東京国税局より優良法人として第4回目の表敬を受ける。
昭和62年11月 創立30周年記念式典を挙行。永年勤続社員、優秀社員を表彰。
昭和63年11月 東京国税局より優良法人として第5回目の表敬を受ける。
平成3年4月 小山営業所を栃木県小山市に開設。工業用向けの拡大をはかる。ハウス事業部を分社独立。
「株式会社ハビエンス」として住宅の総合リフォームと空間設計・
演出への新たな展開をはかる。
平成5年4月 資本金5,000万円に増資。
7月 小柳光男会長、小柳英樹社長がそれぞれ社長、副社長より昇任。創立35周年並び会長・
社長就任記念祝賀会を挙行。
11月 東京国税局より優良法人として第6回目の表敬を受ける。
平成6年4月 埼玉営業所・小山営業所を統合し、埼玉県加須大利根工業団地に北関東営業所を開設し、
同地域における営業基盤の拡充をはかる。
平成7年1月 横浜営業所、北関東営業所の組織を変更し、オートサプライヤーグループ(ASG)を発足。
車輌向け需要に対する提案営業の充実をはかる。
平成8年1月 東京営業所、横浜営業所、北関東営業所の組織を変更し建設鉄構・工業用グループ(KKG)を
発足、新たな展開をはかる。
3月 会計年度の変更。決算期末を創業以来の1月20日から3月31日へ変更し、市場開拓における
各契約メーカーとの連携を強化する。
平成10年3月 創立40周年記念式典を挙行。永年勤続社員を表彰。
平成10年12月 本社ビル側壁に、ロコ・サトシ氏による7m×15mのウォールアートを完成
平成11年3月 東京消防庁より消防行政に対する功績により消防総監賞を授与される。
5月 東京国税局より優良法人として第7回目の表敬を受ける。
平成13年1月 株式会社ハビエンス、スペースデザイン事業部を発足し、快適居住空間のための色彩提案を
事業化する。
平成15年3月 創立45周年記念式典を挙行。
平成16年6月 埼玉県越谷市に南埼玉営業所を開設し、埼玉県南部、千葉県西部及び東京都北部地域の
サービス拡充をはかる。
平成19年8月 大田区蒲田に本社・東京営業所新社屋完成。
平成20年3月 東京消防庁開庁60周年にあたり消防総監より感謝状を授与される。
4月 創立50周年記念社員旅行(グアム)を催行。
平成24年5月 東京国税局より優良法人として8回目の表敬を受ける。
平成25年3月 創立55周年記念式典を挙行。